漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

カテゴリー "サトイモ科/Araceae" の記事/Posts in the category "サトイモ科/Araceae"

Amorphophallus titanum

作家・ライターの木谷美咲さんと神代植物公園でショクダイオオコンニャク(Amorphophallus titanum)の開花を見てきました。臭いも嗅ぐことができ、カビの生えた鰹節をおがくずに混ぜたような臭いでした。

I visited the Jindai Botanical Gardens in Tokyo with Misaki Kiya, a good friend of mine, to witness Amorphophallus titanum in bloom. The inflorescence was releasing an odour which reminded me of fishy sawdust.

Amorphophallus titanum Amorphophallus titanum
スポンサーサイト

Arisaema tortuosum

Arisaema tortuosum var. curvatum

Arisaema tortuosumです。 ヒマラヤ、南インド、中国、ミャンマーに分布しています。A. tortuosum var. tortuosumA. tortuosum var. curvatumがあります。写真のものは後者と思われます。

Arisaema tortuosum, a jack-in-the-pulpit species native to the Himalayas, South India, West China, and Myanmar. This species includes A. tortuosum var. tortuosum and A. tortuosum var. curvatum. The specimen in the photo seems to be the latter variety.

Gonatanthus pumilus

Gonatanthus pumilus Gonatanthus pumilus

Gonatanthus pumilusです。ヒマラヤとインドシナ半島に分布しています。

Gonatanthus pumilus, an aroid native to the Himalayas and Indochina.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。