漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

カテゴリー "哺乳綱/Mammalia" の記事/Posts in the category "哺乳綱/Mammalia"

Semnopithecus schistaceus

ヒマチャル・プラデシュ州で地元の人が腰掛けている隣に大人しく座っていたSemnopithecus schistaceusです。以前はハヌマンラングール(S. entellus)の亜種とされていましたが再分類の結果独立種とされ、まだ和名がないようです。ヒマラヤ地域を中心に分布します。チャンディガルではアカゲザルMacaca mulatta)を追い払うために、威しとしてその業者の自転車の荷台に乗せられています。

A Nepal grey langur (Semnopithecus schistaceus) sitting next to a couple of local people in Himachal Pradesh, India. This species is found mainly in the Himalayas. In Chandigarh, India, Nepal grey langurs are used to intimidate Rhesus macaques (Macaca mulatta). There are people that remove Rhesus macaques for living, who accompany domesticated Nepal grey langurs at the back of their bicycles.

Semnopithecus schistaceus Semnopithecus schistaceus
スポンサーサイト

Macaca mulatta

アカゲザル(Macaca mulatta)です。ヒマラヤの森林地帯ではどこでも見かけ、北インドの平野部でもよくみられます。アフガニスタンから中国東南部まで分布しています。

I saw many Rhesus macaques in Himachal Pradesh, India. These monkeys are very common in the forest areas of the Himalayas and even in the flatlands of North India. This species is found in the range between Afghanistan and Southeastern China.

Macaca mulatta Macaca mulatta

Macaca fascicularis

東ティモールで見たオナガザル(Macaca fascicularis)です。左は野生個体で、右の写真はペットとして飼われているものです。東南アジア原産です。

We saw wild crab-eating macaques (Macaca fascicularis) (left) and a domesticated one kept as a not-so-pettable pet (right) in East Timor. This species is native to Southeast Asia.

Macaca fascicularis Macaca fascicularis

子猫 / Kitten

kitten

インドのヒマチャル・プラデシュ州にあるボン教僧院で見た子猫です。北インドでは猫は縁起が悪いと云われ大事にされませんが、チベット系の寺院などでは可愛がられているようです。

I saw a kitten at the Bon monastery in Himachal Pradesh, India. North Indian people tend to be unfriendly to cats, because they think that having cats around is unlucky. On the other hand, cats seem to be much happier at temples and monasteries of Tibetan religions.

ヤギ / Goat

goat

ヤギです。

A goat.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。