漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

2014年11月の記事

サーグ / Saag

サーグを食べました。パンジャーブでは冬に食べる料理で、マスタードの茎葉にほうれん草やアカザなどを加えて作ります。トウモロコシの粉で作った無発酵の平パンと付け合せの生の大根と一緒に食べるのが定番です。作る工程が面倒なため、一度に大量に作ることが多いようです。

I had a lunch with saag. In Punjab, saag is a winter dish made with mustard greens, spinach, or birdfoot. It is typically eaten with flat breads made from maize flour as well as fresh daikon radish as a relish. Usually, Punjabi people cook a large quantity of it at once to save labour.

saag
スポンサーサイト

キール / Kheer

パンジャーブ風のキール(IPA: [kʰiːɾ])です。ライスプディングの一種で、インドの甘味の中でも古い歴史をもつものの1つです。

I had Punjabi-style kheer (IPA: [kʰiːɾ]). Kheer is a South Asian rice pudding, which is one of the oldest desserts in the region.

kheer

ガチョウ / Geese

チャンディガルのスクナ湖にいるガチョウです。

The troop of geese by Sukhna Lake, Chandigarh, India.

geese geese geese

geese

パンジャーブ及びハリヤナ高等裁判所 / High Court of Punjab and Haryana

チャンディガルにあるパンジャーブ及びハリヤナ高等裁判所を見学しました。建築家ル・コルビュジエのデザインした建築物として知られています。見学には許可が必要です。

My friends and I visited the High Court of Punjab and Haryana in Chandigarh, India. This architecture is known for its design by Le Corbusier, an architect. Tourist visits need permission.

High Court of Punjab and Haryana High Court of Punjab and Haryana High Court of Punjab and Haryana

High Court of Punjab and Haryana High Court of Punjab and Haryana

建築博物館 / Architecture Museum

チャンディガル官立博物館・美術館の中にある建築博物館に行ってきました。相変わらず展示資料の管理が杜撰で、日焼けして真っ白になった資料もありました。右のカーペットはスイスの建築家で、同じく建築家で従兄弟のル・コルビュジエがチャンディガルを設計した際にプロジェクトに関わったピエール・ジャンヌレがデザインしたものです。

My friends and I visited the Architecture Museum in the Government Museum and Art Gallery, Chandigarh. As usual, the items in exhibition were not in the best condition. I even found some items bleached by sunlight. The carpet in one of the photos was designed by Pierre Jeanneret, a Swiss architect who collaborated with Le Corbusier, a Swiss/French architect and also his cousin, in planning the city of Chandigarh.

Chandigarh Architecture Museum carpet designed by Pierre Jeanneret

フェヌグリーク / Fenugreek

生のフェヌグリークのオムレツを試しに作ってみました。北インドのフェヌグリークには楕円形の小葉と白い花をつけ、狭義のフェヌグリークとしても知られる大型のTrigonella foenum-graecumと、丸い小葉と黄色い花をつけやや小型の種類があります。黄色い花の方はT. corniculataとされていますが、少し葉の形が違うようにも思います。T. corniculataとされる種類で作ったオムレツ(左)は生のまま入れると青臭く、卵に入れる前に一度火を通した方が良いようです。またT. foenum-graecumで作った方(右)は苦味が強くオムレツには不向きでした。T. corniculataとされる方は最初にフェヌグリークを加熱調理した方がいいかもしれません。普通はどちらも全粒小麦粉の生地に刻んで入れますが、T. corniculataとされる種類は鶏肉料理などにも使われます。

I cooked omelettes with fresh fenugreek for an experiment. In North India, two kinds of fenugreek are available in the local markets. One is Trigonella foenum-graecum, which is a larger species with cuneate leaflets and white flowers, and the other is a smaller species with round leaflets and yellow flowers. The latter species is believed to be T. corniculata, but to me the leaf shape looks slightly different. The omelette cooked with T. foenum-graecum (right) was too bitter, and the one with the T.-corniculata-like species (left) was very grassy without cooking the leaves separately in advance. In traditional North Indian cooking, both the species are used in whole-wheat dough, and the T.-corniculata-like species is also used in chicken dishes, etc.

methi omelette methe omelette
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。