漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デング熱の症状 / Symptoms of dengue fever

ここ最近、日本の関東地方を中心にデング熱発症者が増えているようです。僕が2012年にインドで感染したときのことを書いておきます。

ある日屋上に行って下の階に降りた直後から皮膚がひりひりし始めました。最初は日差しがきつかったので日焼けしたのだと思っていました。1時間くらい眠ると皮膚の痛みは引いていましたが、今度は熱があるのに気付きました。周りの人にも「顔が赤い」などと言われました。この時点ではまだ元気で、近所のドクターJのところに行くと「いつもの感染症だろう」と言われ、薬を処方されました。

その後、悪寒がし始め、40℃を超える高熱も出始めました。食事もまともにできなくなり、普段は飲まないコーラなどを飲んでいました。嘔吐はしませんでしたが2~3日間ほぼ寝たきりで、這うようにトイレに行ったりして大変でした。2回ぐらい失神しかけ、再びドクターJの所に連れて行かれ、点滴を2本打たれました。この時点では脱水で酷い頭痛がしていました。血液検査をした結果、デング熱と診断されました。白血球と血小板が減少していると言われ、キウィフルーツとザクロを食べるように言われ、また水分を摂り続けるよう言われました。

それからは少し落ち着いて、食事も少しずつできるようになりましたが強力な抗生物質を処方されていて味がよく分かりませんでした。毎朝血液検査をし、「それ以上悪化すれば入院」と言われていましたが急激に回復しました。ただ、今度は皮膚に発疹のような赤い斑点ができ始め、手足が痒くなってきました。僕としては熱よりもこちらの方がやっかいで、痒くて夜眠れなかったりして大変でした。

また、ここまでは水分を摂るように言われていて、これでもかというくらい水分を摂っていましたが、今度は水分摂取を減らすように言われました。この時点までは毛細血管が破壊されていて水分が行き渡らないため水分を大量に摂取していましたが、もう毛細血管の再生が始まっているため、ここで減らさないと負荷が大きくなりすぎて別の症状が出るとのことです。

It seems that there have been cases of dengue fever in Tokyo, London, etc. Here I will share my own case in 2012 in India.

I went up to the roof of the house and then went down, after which I started feeling sore in my skin. I thought that it was a sunburn. After I slept for an hour, the soreness was gone, but I noticed that I had a fever. The people around me also told me that my face was reddened. I was still all right at this point, and I decided to see my doctor in the neighbourhood. He thought it was just a minor infection as usual and prescribed some medicine.

After that, I started feeling cold and developed a fever above 40 degrees C. I was hardly able to eat, and I was drinking coke, which I usually never drink. I was mostly in bed for a couple of days except when I crawled out for the bathroom. I fainted twice. I was taken to my doctor and administered an intravenous drip. By this time, I had been suffering from an acute headache because of dehydration. The doctor did a blood test and found out that I had dengue fever. He told me that the counts of my leukocytes and platelets were dropping. He also advised me to eat pomegranates and kiwi fruits and keep intaking fluids.

After following my doctor's advice, I started feeling a bit better and was able to eat a little, but I had a problem with tasting because of the strong antibiotics that I was taking. I did a blood test every morning, and the results were showing signs of recovery, even though the doctor had told me that I was going to be hospitalised otherwise. Now, I had another problem. My skin started itching and showing scattered red spots around my wrists (I didn't develop many spots somehow). For me, this was the most annoying stage, because I had trouble sleeping.

I had been intaking a lot of fluids, but I was advised to reduce the amounts at this point, otherwise I would develop another symptom. Intaking large amounts of fluids was because of the destruction of capillary vessels, which had caused a problem with absorption of water.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。