漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェヌグリーク / Fenugreek

生のフェヌグリークのオムレツを試しに作ってみました。北インドのフェヌグリークには楕円形の小葉と白い花をつけ、狭義のフェヌグリークとしても知られる大型のTrigonella foenum-graecumと、丸い小葉と黄色い花をつけやや小型の種類があります。黄色い花の方はT. corniculataとされていますが、少し葉の形が違うようにも思います。T. corniculataとされる種類で作ったオムレツ(左)は生のまま入れると青臭く、卵に入れる前に一度火を通した方が良いようです。またT. foenum-graecumで作った方(右)は苦味が強くオムレツには不向きでした。T. corniculataとされる方は最初にフェヌグリークを加熱調理した方がいいかもしれません。普通はどちらも全粒小麦粉の生地に刻んで入れますが、T. corniculataとされる種類は鶏肉料理などにも使われます。

I cooked omelettes with fresh fenugreek for an experiment. In North India, two kinds of fenugreek are available in the local markets. One is Trigonella foenum-graecum, which is a larger species with cuneate leaflets and white flowers, and the other is a smaller species with round leaflets and yellow flowers. The latter species is believed to be T. corniculata, but to me the leaf shape looks slightly different. The omelette cooked with T. foenum-graecum (right) was too bitter, and the one with the T.-corniculata-like species (left) was very grassy without cooking the leaves separately in advance. In traditional North Indian cooking, both the species are used in whole-wheat dough, and the T.-corniculata-like species is also used in chicken dishes, etc.

methi omelette methe omelette
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。