漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボン教僧院 / A Bon monastery

Bon monastery Bon monastery Bon monastery

Bon monastery Bon monastery Bon monastery

Bon monastery Bon monastery Bon monastery

インドのヒマチャル・プラデシュ州にあるチベット人居住区のボン教僧院を見学しました。ボン教は中央アジア経由でチベットに伝わったとされ、チベット仏教と相互に影響を与え合って現在の形になったそうです。因みにこの僧院で話されているチベット語はラダック語に近いそうです。ラダック語はチベット語に近縁で、チベット語の方言として分類される場合もあります。

My friends and I visited a Bon monastery in a Tibetan settlement of Himachal Pradesh, India. Bon is a religion which reached Tibet via Central Asia. In Tibet, it formed the current system after mutual interactions with Tibetan Buddhism. I hear that the Tibetan dialect spoken at this monastery is closer to Ladakhi, which is sometimes classified as a dialect of Tibetan.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。