漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パロロ / Palolo

塩漬けにしたウミミミズの生殖器(パロロ)です。年に一度、満月の夜に海中に切り離された生殖器を採取したものが珍味として食べられています。実物は写真よりも鮮やかな青緑で、生牡蠣のような味がします。ツアーのときにはパロロの時期を少し過ぎていましたが、宿泊したゲストハウスのスタッフの女性がご好意で残っていたものを分けて下さいました。

We had a chance to eat salt-pickled palolo in East Timor, which are reproductive organs of marine worms detached into the sea. Once a year, the local people go to beaches and collect palolo floating in the sea on a full moon. It is considered as a seasonal treat and tastes like raw oyster. In reality, it is in vivid greenish blue unlike in the photo. Actually, we had this opportunity because of a staff of a guesthouse we stayed at, who kindly brought us a bottleful of palolo from her house even though we were slightly late for the season.

palolo
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。