漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀とサンバル / Diverse business

東ティモールの首都ディリの近くで給油のためガソリンスタンドに寄ったところ、敷地内に刃物類とサンバル(唐辛子とライムのソース)を売る店がありました。商品の選定基準は不明です。

店の女の人が「カタナ、カタナ」と言うので日本語をご存知なのかと思っていたら、日本軍がポルトガル領ティモールを占領した際に日本語の「刀」がテトゥン語(東ティモールの共通語)に伝わり、写真のような刃物類がkatana [kətənə]と呼ばれているそうです。

We found a stall selling sambal (a chilli and lime relish) and edged tools at a petrol station near Dili, East Timor. The choice of the items is a mystery.

The lady of the stall was using the word katana [kətənə], an apparently Japanese word, while pointing at the edged tools in the photos. I was wondering how she knew the language, even though the Japanese army once occupied Portuguese Timor. Then I was informed that the Japanese word katana [katana] ('sword') has been adopted in Tetun (the local lingua franca of East Timor) and used for these types of tools.

sambal sambal and edged tools
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。