漂流恐龍道中記 [A Dinosaur's Oddest Odyssey]

カテゴリー "その他/Others" の記事/Posts in the category "その他/Others"

新刊のお知らせ / Press news

ブログ『革命的植物宣言』の木谷美咲さんの新刊の発売が決定しました。僕も制作に関わっています。是非お求め下さい。

Misaki Kiya, one of my friends, is publishing another book in August, 2014 in Japan. This book features many carnivorous plant species and cultivars and beautiful photos of them. I was also a part of this project. I hope that you enjoy it if you read Japanese, but the fantastic images alone are totally worth seeing.

いちばん美しい食虫植物』(家の光協会;2014年8月26日発売予定;ISBN-10: 4259564471;ISBN-13: 978-4259564476)

追記(2014年7月22日):
諸事情で発売が延期されることになり、また出版社も恐らく変更されることになりました。ご了承下さい。

Note (the 22nd of July, 2014):
I received a message from the author informing that the publication will be postponed and it will probably be published from another publisher.

新刊のお知らせ / Press news

ブログ『革命的植物宣言』の木谷美咲さんの新刊がまた発売決定となりました。イラストは写真と見紛う精密画で知られる横山拓彦さんが手掛けています。僕も構想の段階で関わっています。是非お求め下さい。

Misaki Kiya, one of my friends, is publishing another book in September, 2014 in Japan. Unfortunately, this book will only in Japanese, but it will be fully illustrated by Takuhiko Yokoyama, Ph.D., who is known for his deceptively realistic biological illustrations. Actually, I have also been involved in this project as an adviser. For those who read Japanese, I hope that you enjoy this illustrated book, but even otherwise the illustrations are absolutely worth the money.

おどろきの植物 不可思議プランツ図鑑: 食虫植物、寄生植物、温室植物、アリ植物、多肉植物』(誠文堂新光社;横山拓彦氏と共作;2014年9月3日発売予定;ISBN-10: 4416614659;ISBN-13: 978-4416614655)

fukashigi_cover

シャーマンの家 / Village shaman house

東ティモールラウテム県で見かけたシャーマンの家の模型です。この地域では村に1人シャーマンがいて、このような家に住んでいます。本物は写真撮影が有料だそうです。

We came across a model of a typical shaman house in Lautem District, East Timor. We have also seen real shaman houses in the villages of this district. I hear that tourists can pay shamans a photography charge and take pictures of their houses.

village shaman's house (model)

新刊のお知らせ / Press news

ブログ『革命的植物宣言』の木谷美咲さんの新刊が3作発売になります。僕も制作に関わりました。是非お求め下さい。

Misaki Kiya, one of my friends, is publishing her three new books in June-July, 2014 in Japan. I was also a part of each publication. It is so unfortunate that these wonderful books are only available in Japanese, although, for those who read the language, I hope that you enjoy them.

・エッセイ『私、食虫植物の奴隷です。』(水曜社;2014年6月30日発売予定;ISBN-10: 4880653411;ISBN-13: 978-4880653419)

・絵本+園芸書『ハエトリくんとふしぎな食虫植物のせかい』(VNC;ありたかずみ氏と共作;2014年7月18日発売予定;ISBN-10: 4434194798;ISBN-13: 978-4434194795)

・料理本『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(山と渓谷社;内山昭一氏と共著、2014年7月18日発売予定;ISBN-10: 4635450171;ISBN-13: 978-4635450171)

haetorikun_cover

ディベート / Debate time

Bon monastery debate Bon monastery debate Bon monastery debate

ボン教の僧院を見学していると、僧たちのディベートの時間が始まりました。ボン教哲学についての様々な論題について議論し、自分の主張を提示するときに手を打ち鳴らします。近くには教科書が置いてありました。右の写真では先生らしき人がにやにやしながら観戦しています。ボン教僧院だけでなく、チベット仏教の僧院でも同じようなディベートの時間が設けられています。

During our visit to the Bon monastery in Himachal Pradesh, the monks' debate time started. They discuss various topics on Bon philosophy, and they clap their hands once when they propose an argument. We saw their textbooks and a man looking like their teacher, who was smirking while watching them debate. Tibetan monasteries also have debate time.

タンカ/Tanka

tanka

チベット仏教の寺院に掛けられていたタンカです。

A tanka displayed at a Tibetan Buddhist temple.

ヒマチャル・プラデシュの結婚式 / A wedding in Himachal Pradesh

Himachali wedding Himachali wedding Himachali wedding

Himachali wedding

インドのヒマチャル・プラデシュ州で行われていた結婚式の余興です。

I saw a part of a wedding in Himachal Pradesh, India.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。